LEDランタンが売り切れ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

先日のキャンプの2晩目でのこと。 夕食を食べていたら、ランタンの電池が切れてしましました。

自分が使っているのは、ナショナルのミニランタン BF-125B。 電球タイプです。 これの便利なところは、「持つ・置く・吊るす」の3パターンで使えるところ。 特に便利なのは「吊るす」で、テントの天井から吊るして使い易いのが便利です。
とはいえ時代はLED。 購入してからもう10年ですから、そろそろ買い替え時なのかもしれません。

後継製品はないのかな、と調べてみたらありました。

電池が単四になっているのが玉に瑕ですが、昔ほど単三に拘ってはないないので、まあいいでしょう。

次のキャンプに備えてさっそく購入、といきたかったのですが、なんとどこを探しても在庫切れ。 このモデルだけでなく、LEDランタンはどのモデルも在庫が極めて少なくなっているようです。 大震災(というか計画停電)の影響がこんなところにも、ということのようです。


実はヘッドライトもナショナル製(リチウムLED 3WAYライト BF-198)を使ってまして、こちらは当時からLEDでした。
今も問題なく動いてくれているのですが、ゴムバンドの部分が伸び伸びになってしまっています。

犬の散歩用に使っているPETZLのZIPKA PLUSは、バンドのところが巻き取り式の紐になっていて、邪魔になりません。 最初はすぐに切れてしまうんじゃないかと思っていたのですが、2日に1回ペースでもう3年近く使っているのに、まったく壊れる気配がありません。

PETZL(ペツル) ジプカ2 グレイ/グリーン E94PS
アルテリア
売り上げランキング: 1186

登山中に壊れてしまったら大変ですからね。 今度はこれを買おうと思います。