ホンダ、タイ・アユタヤ工場を無期限停止

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

asahi.com(朝日新聞社):ホンダ、浸水の自動車工場を無期限停止 タイ洪水 - ビジネス・経済

タイの洪水で日系自動車メーカーの生産停止が続いている問題で、ホンダは24日、浸水した自動車工場の生産を、当面は停止すると明らかにした。これまでは停止期間を「24日まで」と示していたが、事実上の無期限停止となる。
 
バンコク北方のアユタヤ県にあるホンダの工場は、まだ水が引かず、近寄れない状況が続く。バンコクの二輪車工場も29日まで止める。工場の浸水はないが、バンコクでも浸水の懸念が出ているためとしている。また、マツダは28日まで生産停止を延長する。

工場が平屋建てだから、設備のほとんどが水に浸かっているからね。 再利用可能なのは、建屋と設備の機械部分の7割くらい?(電気は全損)
再び洪水になったときのことを考えると、今の工場は放棄して新しく建て直した方がいいんじゃないかと思うくらいだよ。

トヨタ国内4工場で28日まで残業取り止め タイ洪水で部品不足 (ロイター) - Yahoo!ニュース

トヨタ自動車<7203.T>は24日、タイの洪水の影響で部品調達に影響が及ぶ可能性があるとし、24─28日まで国内4つの車両工場で稼働時間を調整すると発表した。
 
4工場では上期の生産遅れ分を挽回するため残業を行ってきたが、残業を取りやめて定時操業とする。29日以降の稼働については状況をみながら判断する。 
 
稼働時間を調整するのは、いずれも愛知県にある元町工場、田原工場、堤工場、高岡工場。トヨタは一部のエンジン部品をタイから輸入しているほか、サプライヤーがタイで生産し日本に供給しているものがあるという。24─28日に残業を行わないことで計6000台の減産となる。 
 
同社は洪水の影響で部品供給が滞り、10日からタイ3工場の生産を全面停止している。21日までの減産台数は3万7500台。24日からはインドネシア、フィリピン、ベトナムの各工場で稼働日数や生産シフトを減らすなど、タイ以外の工場でも生産調整を行うことを明らかにしていた。

トヨタは輸入部品の採用に保守的と思っていたんですが、意外ですね。