GoogleMap、ついに渋滞情報の提供を開始

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

Car Watch 「グーグル マップ」が渋滞情報を提供

グーグルは12月9日、地図サービス「グーグル マップ」で交通状況の提供を開始した。
 
グーグル マップに、道路の交通の流れが、「低速」から「高速」まで4段階に色分けして表示される。PCのほか、スマートフォンやタブレット端末のモバイル グーグル マップでも見ることができる。また、モバイル グーグル マップのナビゲーション機能では、この交通状況を考慮して、目的地への到着時刻を計算する。
 
交通状況は、「My Location(現在地)」の機能を有効にしているスマートフォンから送られる、位置情報と速度の匿名データをもとにして計算される。大量のデータ処理を繰り返し、参加するユーザーが増えることで、交通情報の精度が向上するとしている。

インターナビのようなプローブ情報ほどは正確ではないかもしれませんが、情報の母数はカーナビよりも多くなる可能性がありますので、データ処理次第では十分に実用的になるかもしれません。
これがきっかけで、プローブ情報でのユーザー囲い込みが解消されたりして。