ホンダ、Honda Moto LINC を開始

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ホンダ、Honda Moto LINC をリリース…二輪車オーナー向け情報サービス | レスポンス (テクノロジー、カーナビ/カーオーディオ新製品のニュース)

ホンダは、ホンダ二輪車オーナー向けスマートフォンアプリ『Honda Moto LINC』をリリース。AndroidやiPhoneで、ルート検索や、雨が降りそうな場合にアラートで知らせる「カッパアラーム」などの機能を、無料で利用できる。
 
Honda Moto LINCの「インターナビ・ルート」では、Googleマップ上に目的地までのルートを表示、地図が現在地の変化に追従しナビ感覚で利用することが可能。ルート検索はホンダ独自の交通情報を活用し、6つのルートからニーズに応じて選ぶことができる。(中略)

 
同アプリはAndroidとiPhoneに対応、動作条件は、iPhoneはiOS 4.0以降、Androidは2.2以上となっている。

さっそく登録してみました。

ホンダ車オーナーのみが対象ということですが、海外生産車でも登録できるようです。
ただWave110iの車台番号を入れてみたら、下記のようなメッセージが出て登録できませんでした。

入力された車台番号に該当する車種が見つかりません。
正しくHonda車の車台番号を入力いただいている場合は、車種マスターが未整備の場合がありますので、お手数ですが、車種名と車台番号をインターナビ情報センター member@premium-club.jpまでご連絡願います。
概ね1~2週間でご登録いただけるようにいたします。

しょうがないので、トランザルプで登録してみました。
一人で複数台所有の場合はどうなるのか? 一旦登録したあとに変更できるのかは、よくわかりません。

ルート検索はフローティング情報を考慮して算出してくれるようです。
地図データはGoogleMapsのものを使っていますが、インターフェースは独自です。 ルート情報をGoogleMapsと共用することは出来ないみたいです。
eTrexのようにトラックログが取れるかも分かりません(おそらくダメそう)。


スマホをハンドル周りに固定できるようにして、使ってみようかな?