auがIPv6対応開始、一部の利用ケースに影響

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

auがIPv6対応開始、一部の利用ケースに影響と案内 -INTERNET Watch

auの端末で想定される影響は、NTT東日本、NTT西日本のフレッツサービスをアクセス回線として利用し、Wi-Fiを利用して暗号化通信(https)でIPv6対応サイトに接続すると、一部のスマートフォンではアクセスできない場合があるというもの。これはNTT側の設備に起因する問題という。この問題が発生した場合は、Wi-Fiを利用せず3Gで接続するよう案内している。
 
影響を受ける可能性のあるスマートフォンは以下の通り(法人向けを含む)。
 
・EGZA Phone IS04
・SIRIUS α IS06
・SIRIUS α IS06B グローバルパスポートCDMA対応
・HTC EVO WiMAX ISW11HT
・XPERIA acro IS11S
・AQUOS PHONE IS11SH
・INFOBAR A01
・INFOBAR C01
・G'zOne IS11CA
・Windows Phone IS12T
・AQUOS PHONE IS12SH
・MIRACH IS11PT
・MOTOROLA RAZR IS12M
・ビジネススマートフォン EIS01PT

アクセス出来ない場合に、そのIPv6が理由というのは明示されるのかな? でないとなんで接続できないのかわからないよね。