三菱自の優先株問題に進展

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

三菱自の優先株保有企業、普通株転換に動く  :日本経済新聞

三菱自動車の優先株を保有する企業が普通株への転換に動いている。8月にJXホールディングスが転換したのに続き、10日にも保有企業による一部優先株の転換が明らかになった。三菱自にとって経営再建の最大の関門といえる優先株の処理が動き始めた。
 
10日に転換されたのは三菱自が2004年6月に発行した「第2回A種優先株」。東京海上日動火災保険や三菱電機など7社が計2万5000株を保有しており、うち7900株が普通株約1億株に転換された。三菱自は転換した企業を明らかにしていない。(中略)
 
三菱自はリコール(回収・無償修理)隠し問題で苦境に立った04年から06年にかけて60万株強(6000億円強相当)の優先株を発行。大半を三菱グループ企業が引き受けて資金支援した。

これが他社との資本提携への最大の障害なんですが、いよいよ処理が進むんでしょうか?

三菱自動車の優先株式、普通株式への転換進む | レスポンス (ビジネス、企業動向のニュース)

同社によると今月から第2回A種優先株式7900株について、普通株式1億0675万6756株への転換があったことを明らかにした。転換(行使)価格は1株当たり74円で、転換総額は79億円。

約100円で取得した優先株を74円で普通株に転換するというのは、得なの? 損なの? どちらでもないの?