笹子トンネル、下りでもボルトの緩み 天井板撤去し年内に対面通行

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

笹子トンネル下り線、年内に対面通行に:日本経済新聞

山梨県の中央自動車道笹子トンネル上り線で起きた天井板崩落事故で、国土交通省は8日、事故が起きていない下り線でもボルトが緩むなどの不具合が見つかったと発表した。同省は下り線の天井板を全て撤去。下り線の2車線を対面通行に切り替え、年内の仮復旧を目指す。補修や原因調査より仮復旧を優先させるとしている。(中略)
 
中日本高速は9日から、下り線の天井板(約4.4キロ)を外す作業を開始。橋梁工事などに使う大型自走式台車で天井板を支えながら、コンクリートを切断したりつり金具を外したりして天井板約7500枚を撤去。大型の換気設備も取り付ける。
 
2日以降、笹子トンネルは上下線とも不通となっている。年内を目標に下り車線の通行止めを解除し、下り車線を使った対面通行区間はトンネル内も含め8~10キロ程度になるという。

事故があった上り線も、トンネル自体の天井が崩落したわけではないので、同様な措置をするのにそれほど時間は掛からないでしょう。 現場検証は終わってるのだろうし。
1月中には全面復旧するのではないかな?