冬場のエコウィルの使い方

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

エコキュートの場合、料金の安い深夜電力でお湯を作って翌日に使います。 お湯の使い方を工夫することはあっても、お湯の作り方は気にする必要はなさそうです。

でもエコウィルでは、いつお湯を作るかによって効率が全然違ってきます。

一つには、冬季の場合は無駄に貯湯槽にお湯を溜めておくと、冷えてしまうこと。
もともと、「使う直前に溜める」前提なので、貯湯槽の保温性はあまり高くないようです(触ると温かい)。

二つ目は発電効率(発電能力をどれだけ消費できるか)です。
消費電力が少ない時間帯に発電させても、余った電力は熱に変換されてしまいます。

その為に、エコウィルは「自動発電」をONにさせておくと学習機能が働いて、消費電力の高い時間帯に発電する「らしい」です。
実際にはとても信頼出来るレベルではないので、ユーザーがこまめに制御した方がいいと思います。


例えばこんな感じです。

06:00 居間の温水ファンヒーターがタイマーで始動。 遅れてエコウィルが「自動発電」開始。
06:10 寝室のエアコンがタイマーで暖房開始。 発電力を無駄にしないためでもあります。
06:40 起床 朝食の準備
08:00 洗濯機を回す
09:00 暖房&発電を停止

12:00 手動で発電&暖房開始。 昼食を作る。 調理終了したらエアコン暖房も併用
14:00 暖房停止で発電も停止

18:00 手動で発電&暖房開始。 炊飯器をセットする。 夕食の調理。
19:30 お湯を溜めるために、温水ファンヒーター停止。 エアコン暖房に切り替え。
22:00 貯湯槽沸き上がりでお湯はり開始。 お湯が少なくなると、自動的に発電開始。
22:15 エアコン暖房停止。 食器洗浄乾燥機を使用開始。
   浴室暖房は強力なので入浴前10分でOK。
23:30 寝室のエアコン暖房開始。
00:00 寝室のエアコン停止。 ふとん乾燥機セット。
00:30 暖房&発電を停止して就寝

こうやって改めて書きだしてみると、なんて面倒臭いんだろうと思いますね!
まるでハイブリッド車でエンジンとモーターの切り替えを手動でやっているかのようです。

上記はあくまで自分の使い方であって、完全にエコウィルに「おまかせ」することもできます。 念のため。
一番むずかしいのは、「入浴時間までにお湯を溜める」ことです。 温水ファンヒーターを使っていると全然溜まりませんので。


「自動発電」をちょっと見直したのは、貯湯槽がフルで手動発電できないようなときでも、温水ファンヒーターを使うと貯湯槽のお湯が減って自動的に発電してくれたこと。

貯湯槽のお湯を熱交換器に回して暖房することで、貯湯槽に熱量の「空き」を作って、エンジンが発電できるようにしてくれたんですね。


でも工夫の余地があって、結果が如実に表れるというのはやりがいがあり、そんなに苦にはなりません。
将来的には、HEMSで最適なエネルギー消費になるように、自動的に制御できるようになるのかもしれませんけどね。