ホンダ、ベトナム産「リード125」を国内販売へ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

2輪販売台数世界4位のベトナム、日系メーカーが新型モデルを展開 (サーチナ) - Yahoo!ニュース

そのような中ホンダは、実用性とスタイリングを高次元で融合した次世代スクーター「LEAD125」をベトナムで生産し、同国内で3月に発売する。「LEAD125」は、開発コンセプトを「スタイリッシュ セダン スクーター」とし、エンジンは、「PCX」で好評を得ている低フリクション技術を採用し燃費性能に優れた水冷・単気筒125ccのeSP(イーエスピー)を搭載。さらに、アイドリングストップシステムを装備し、より優れた低燃費を実現している。また、電子制御燃料噴射装置を採用することで、安定した動力性能と高い燃費性能を両立。生産はホンダのベトナムにおける二輪車・四輪車の生産販売合弁会社であるホンダベトナムカンパニー・リミテッドが担当し、年間生産台数は20万台を予定している。なお、日本への輸出も計画しており、東京ビッグサイトで開催される「第40回 東京モーターサイクルショー」にて、3月23日より一般公開されているという。

中国は人件費も上がってカントリーリスクも高いし、ベトナムとかインドネシアの方がいいよね。

lead125.jpg

東京モーターサイクルショー2013 - ホンダの次世代スクーター「LEAD125」 | ライフ | マイナビニュース

本田技研工業は、次世代スクーター「LEAD125」をベトナムで生産し、3月に同国内で発売した。日本では初夏に発売予定で、東京ビッグサイトにて24日まで開催される「第40回東京モーターサイクルショー」にも展示されている。(中略)
 
スタイリッシュなデザインながら、シート下にフルフェイスヘルメット2個、またはB4サイズのバッグを収容可能なトランクスペースを確保。テールランプとポジションランプにはLED電球を採用し、フューエルリッドおよびシートの開閉を手元で行える集中コンビネーションスイッチ、視認性に優れた発光指針メーターや時計などを装備する。

通勤にはPCXよりも、収納が大きなリードの方が向いてるかもしれないですね。