キャンピングカーも「軽シフト」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

「軽キャンパー」、国内快走中:日経ビジネスオンライン

「従来は大型モデルしか販売していなかったショップが、続々と軽にシフトしている」。こう語るのは、軽キャンパーの火つけ役である老舗、バンショップミカミ。最近では、自動車メーカーもキャンピングカー市場への対策に本腰を入れ始めた。
 
ホンダは昨年7月、居住性の高さが売り物の軽自動車「N BOX +」を発売。シンクやコンロなどの本格的な設備はないが、“車中泊”に対応したのが特徴だ。座席をフラットにすると、大人2人が横になれる。「カーテンやシェードをセットにしたオプション『お泊まりパッケージ』をホンダとして初めて提供したところ、販売は好調」と同社は手応えを語る。競争が激化する軽自動車市場において、キャンピングカー仕様を手がけて、新たな層を獲得したと言えそうだ。

昔の話ですが、マツダが天井が跳ね上がってロフトスペースが出現するボンゴ・フレンディーを発売してヒットしたことがありましたね。

友人Hは、定年退職したら軽バンを買って寝泊まりしながら日本一周したいと言ってました。
意外とそういう人は多いのかもしれません。