2014年度の太陽光買取価格は2円前後の下げ?

法制度・規制:2014年度の買取価格、太陽光は2円前後の下げ幅に - スマートジャパン

資源エネルギー庁が2月18日の「調達価格等算定委員会」で報告した内容によると、2014年度の買取価格は前年度と同様に太陽光発電だけを改定する見通しだ。価格算定の根拠になる発電コストがさほど下がっていないことから、引き下げ幅は前年度の4円よりも小さく、2円前後に収まる可能性が大きい。

最近、既築向けの住宅用太陽光パネルの導入が伸び悩んでいるらしいですね。
あまり買取価格を下げると、角を矯めて牛を殺す結果になるかもよ。