パナソニック、“トリプル衛星受信”とOBD2に対応する新型「ゴリラ」シリーズ4機種 / 「準天頂衛星 みちびき」「グロナス」対応でPNDでも自車位置精度を追求 - Car Watch

16GBのSSDを搭載し、高精細ワイドVGA(800×480ピクセル)ディスプレイを採用する新型ゴリラシリーズでは、国内向けPNDとしては業界初となるアメリカのGPS、日本の準天頂衛星 みちびき、ロシアのグロナスに対応する「トリプル衛星受信」に対応。さらに上下左右のジャイロセンサーと3軸の加速度センサーを組み合わせて使う独自の「Gジャイロ」を搭載し、PNDながらビル街や高架下、トンネルなどの走行中でも高い自車位置測位の精度を実現する。
 
また、CN-GP540D以外の機種では2014年冬に発売予定のオプション「OBD2アダプター」に対応。車両のOBD2コネクター(故障診断コネクター)から速度情報やエンジン回転数などのデータを受け取れるようになり、車両の現在位置をさらに正確に測位可能になる。

OBD-2から得る情報もいいんだけど、スマホだったら自身で加速度センサーとか持ってるじゃない?
トンネルの中とか測位できないところでも、加速度センサーの情報である現在地を推測するとかしてほしいよね。 少なくとも道路上にマッチングしてあるなら、停止しているか、どちらかに移動しているかくらい分かるだろうに。