[SIMフリー端末の日本展開を開始するファーウェイに聞く] 市場に風穴を開け、ファーウェイの強みを活かす - ケータイ Watch

キャリアやSIMに縛られない、いわゆる“オープンマーケット”に切り込むファーウェイ。SIMフリー端末の日本展開の経緯について、同プロジェクトの責任者は「ファーウェイでは、従来のオペレーター(キャリア)中心のビジネスとは別に、オープンマーケットにも力を入れていこうということで、オープンマーケットを開拓する新しい部署を4月に立ち上げて、SIMフリー端末の販売を推進する取り組みを始めた」と語る。
 
その第1弾として「Ascend G6」を6月下旬に発売する。その後、7インチのタブレット「MediaPad X1」や8インチの「MediaPad M1」、ウェアラブル活動量計の「TalkBand B1」などを順次発売していく計画だ。
 
「現在、日本のMVNOの動きは毎日のようにメディア媒体で取り上げられている状況。そういった中で比較的値段の安いLTE対応端末で、かつスタイリッシュなデザインのAscend G6でSIMフリー端末の市場の間口を広げていきたい」(同)。

価格については「もう一声!」と言いたいところですが、こういう取り組みが他社にも広がることを期待します。 特にHTC。
あと GooglePlay Edition も発売してほしいな。