手負い(?)のみちのくツーリング(二日目・秋保温泉編)

2015年 7月26日(日)

おはようございます。 今朝は6時に起床した。 テントの出入口をメッシュだけにして、何もカラダに掛けずに寝たが、快適な夜だった。

R0025642.jpg

朝日とテントの位置関係は正しかったようだ。

R0025644.jpg

子供たちは6時前から遊んでいた。 ホント体力あるなぁ。

R0025645.jpg

バイクは濡れていたが、テントは濡れていなかった。 下草もそれほど濡れてない。 日差しが強いからすぐに乾いた。

IMG_20150726_065233.jpg

昨夜するつもりだった湯豆腐とソーセージ茹でて食べる。

IMG_20150726_071628.jpg

ここのトイレは入り口が自動ドア。 こんなキャンプ場は初めてだ。

IMG_20150726_071644.jpg

中も綺麗で虫はほとんどいない。 コンセントもあるのでデジカメの充電に使えるね。

R0025647.jpg

撤収完了するまで日陰の中で作業ができた。 周囲のキャンパーも汗だく撤収作業中。 がんばれお父さん。
08:47 出発する。

R0025648.jpg

管理棟でチェックアウト(ファイルとパウチカードの返却)して、向かいのエコステーションでゴミを捨てる。

R0025651.jpg

09:02 釜房大橋を渡る。 釜房湖の水位が低いね。 ダムの上を通って秋保温泉へ。

R0025654.jpg

09:10 秋保温泉共同浴場に到着。 少し離れたところにある専用駐車場にバイクを停める。 「松島・蔵王ツーリング」の途中で通りかかって、ずっと気になっていたのだった。

大人300円。 脱衣所にはロッカーがないので、受付のところにある100円ロッカーを使う。 お湯の温度は42℃くらいかな? 汗を流すのが目的なので、さっと入って上がる。 どのみち湯上がりにまた汗をかくのだが、不快な汗ではない。
09:45 来た道を釜房湖へ戻る。

R0025661.jpg

釜房湖北岸を走り、R457に合流する。 ちょうどいいカントリーロード。 こういう道を流しているときがツーリング中に一番しあわせを感じる。

R0025664.jpg

R286に入り山形市を目指す。 いつもの癖でR457(蔵王エコーライン)に左折しようとしたが、GoogleMapsのナビはR286を直進しろという。 この道は走ったことがないのでそれもいいか。
しばらくはなだらかな上りで楽チン。 このまま越えられるのかな?

R0025665.jpg

ところが笹谷I.C.を過ぎたところで雰囲気が怪しくなってきた。

R0025671.jpg

こんなに林道みたいな国道を走るのも久しぶりだ。 蔵王エコーラインの方がよっぽど広くて走りやすいよ。
後ろに笹谷I.C.で降りてきたR32 GT-Rがいたので、出来る限り飛ばす。 クラッチもつかしらん?

R0025674.jpg

10:28 笹谷峠に到着。 たまに対向車が来たり、上り練習中の自転車チームが居てくれたので、GT-Rに追いつかれることはなかった。

R0025676.jpg

左手が有耶無耶関かな。 登山客のクルマが多い。

R0025677.jpg

右手は山形神室岳に連なる稜線。 下りはGT-Rに先に行かせてラクをする。

R0025680.jpg

10:51 山形市でR13に入る。 セルフに入ったら「三陸ツーリング」の帰りに寄ったところだった。
11:06 上山の山形物産館へ。 ここに寄るのは何回目だろう?

R0025681.jpg

本当は喜多方市の「長命そば 大上」で水蕎麦でも、と思ったのだが時間が遅くなりそうなので、ここで鳥そばをいただく。 温かい方が美味しそうだが、あまりにも暑いので「つめたい」方で。 これもアリかな。

R0025683.jpg

食後はラ・フランスソフト。 いつもより果汁感があまり感じられないのは暑さのせい?

那須編へ続く