グラモ、「iRemocon」と連携するHEMSを開発

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

エネルギー管理:電力の使用量を見ながら家電を遠隔操作、スマートフォン1台で外出先でも - スマートジャパン

スマホの通信機能とリモコン機能を連携させる「iRemocon」を開発・販売するグラモは、新たにHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)を開発して8月19日に販売を開始した(図1)。

 HEMSを組み合わせることで、スマホの画面に家庭内の電力使用情報を表示しながら、画面を切り替えてリモコン操作が可能になる(図2)。利用者はグラモが提供する「gHOUSE」と呼ぶアプリをスマホやタブレット端末にダウンロードして使う。このアプリはiOSとAndroidの両方に対応しているため、ほとんどのスマホやタブレット端末で利用できる。

プレスリリースはこちら
非ECHONET Lite家電との足回りに iRemoconを使うのはアリだと思うのだけど、自社でHEMSまでやるというのはどうなんだろう?

「足回り」として使う場合でも、IRKitの方が個人的には「遊べる」感じがします。 iRemocon より安いしね。