ルノー自身の価値はたったの4900億円?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

フォルクスワーゲン不正問題は、日本のチャンス!今こそ日産自動車をルノーから取り戻せ|闇株新聞[2015年]|ザイ・オンライン

今回のVWの不正問題の影響で、ルノーの時価総額は約184億ユーロ(約2.4兆円、9月29日現在)まで落ち込んでいます。ここからルノーが保有する日産自動車の時価総額2兆円引くと、4900億円しか残りません。

日産自動車の時価総額は5.249兆円ということなので、ルノーが保有している株式の比率では2兆円ということです。
日産を支配しようと思ったら、ルノーを買った方が安いですね。

ルノー、6日の取締役会で日産との提携めぐり協議へ=フィガロ紙 (ロイター) - Yahoo!ニュース BUSINESS

仏自動車大手ルノー<RENA.PA>は6日に開く取締役会で、フランス政府との対立が続くなか、日産自動車<7201.T>とのアライアンス(提携)について協議する。仏フィガロ紙が5日に伝えた。
 
フランス政府は4月、ルノー株を買い増し、保有比率を15%から19.7%に引き上げた。議決権を増やすのが目的とする一方、ルノーと日産はこれに反発している。
 
同紙は情報源を明示せず、ルノーと日産の最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン氏がアライアンスの深化を望んでおり、これについてさまざまなシナリオを検討する可能性があると伝えた。

ルノーにとって日産は「金づる」なんで、よっぽど資金が回らないということでもない限り、出資比率を下げるような馬鹿な真似はしないでしょう。
つくづく「自決権」を譲り渡してはいけないと思いますね。

ルノー:日産に議決権付与検討 仏政府関与に対抗 - 毎日新聞

フランスでは、40%以上の出資を受ける企業が保有する出資元企業の株式は議決権が認められず、日産保有のルノー株に議決権はない。このためルノーが持つ日産株の比率を40%未満に引き下げ、日産に議決権を持たせることなどを検討し、仏政府の影響力を弱めたい考えだ。ルノー・日産連合は仏政府とも協議する方針だが、理解を得られるかは不透明だ。

日産への出資比率を下げるだけなら、手続き的には割と簡単にできるのではないでしょうか。
日産をルノーの「ホワイトナイト」にしようということかな?