ルノー取締役会、日産との合併を仏政府との取引材料に?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

【緊急提言!】今すぐ日本政府主導で仏政府が画策するルノーと日産の合併を阻止せよ! (ダイヤモンド・ザイ) - Yahoo!ニュース BUSINESS

そこで、もしもルノーが日産自動車の保有比率を40%以下まで落とせば、日産自動車には議決権が発生します。さらに日産自動車はルノーの株式を2年以上保有しているので「フロランジュ法」により議決権を2倍にできます。つまり日産自動車として合併を拒否できるわけです。
 
これをすればルノーはフランス政府と真正面から対立することになりますが、ルノー取締役会にその意向はありません。彼らは日産との合併は仰せの通りに受け入れて、その代わりに政府の関与を強める件では譲歩してもらう作戦に舵を切りました。

どーなんだろ? そんなことしても仏政府がルノーの首根っこを掴むのも止めるとは思えないけどな。

んで、日産はどうなってしまうのでしょうか?

フランス政府が画策している合併とは、日本でよく見られる「共同持ち株会社を設立してその下にルノーと日産自動車がぶら下がる」形態の経営統合ではありません。日産自動車を飲み込む文字通りの合併で、本社はフランスに移転、株主は保有株を強制的にルノー株と交換させられてしまいます。
 
日産自動車は「ルノー日本支社」になり、意志決定は全てルノーがフランス政府の意向を忖度しながら行うことになるでしょう。日産自動車の稼ぎ出す純利益(2015年4~9月期は3256億円)も、召し上げられてしまいます。
 
NISSANのブランドは残るかもしれませんが企業としては消滅し、過去の蓄積を含めた有形無形の資産はすべて外国企業に取り込まれてしまうのです。それでも日本政府は、日本人は、呑気に構えているのでしょうか!? 

そりゃしょうがないんじゃね? 「資本」主義なんだから、「資本」の大多数を握っている者に生殺与奪の権利がある訳で。
カネを出してもらうのと引き換えに自決権を売り渡して「植民地」になってしまったのですからね。

日産、ルノーへの出資25%以上も検討 仏政府関与なら (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース BUSINESS

日産はルノー株の15%を保有するが、フランスの会社法の規定で議決権がない。仮に日産がルノー株の25%以上を保有すれば日本の会社法の規定で、ルノーが持つ日産株43・4%の議決権がなくなる。
 
日産はルノーとの提携関係を今後も維持する考えだが、自社の経営の独立性が維持されることが前提。ルノーの保有比率を40%未満に下げ、日産によるルノーの議決権保有を可能にする方法などと合わせ、検討しているもようだ。

頭は同じ人間(ゴーン)が務めているんだから、日産にルノーとは独立した行動が取れるワケがないよね。

ルノーにとって日産は「金の卵を産む鶏」なので、たとえこの先に経営危機になったとしても切り売りするとは思えないです。 タガメのようにしっかりと食いついたまま、生かさず殺さず体液を吸い続けるでしょう。

植民地経営はフランスのお家芸ですからね。 アフリカ人とかに比べたら従順な日本人を手懐けるのなんてお手の物でしょう。