Wave125iの変速比・減速比

先週末のツーリングで初めてR1バイパスでの巡航や峠道を走ってきた訳ですが、思っていた以上に4速が役に立たないことが分かりました。

タンデムに近い荷物を積んでいるとはいえ、本当にちょっと上り傾斜がついているだけで、4速は車速(メーター読み60km/h)をキープするのもやっとな感じです。 110iはここまで意気地がないことはなかったと思うんですが。

エンジンの絶対的なパワーが足りてない訳ではないと思います。 おそらく4速60km/hだとパワーバンドに入ってないのでしょう。
やはりドリブンスプロケットを37Tにしたいところですが、キタコは36Tまでしか出してないんですよね。

クロスカブの標準は37Tなんですが、みんな36Tとか35Tのハイギヤにするのが一般的のようで、需要がないんだろうか? 37Tが欲しければ純正(41201-KWW-640)を発注するしかなさそうです。 ちなみに11MからのWave110iもドリブンは37Tでクロスカブと同じ(部品番号も同じ)です。
ローギヤ化しても4速の活用場面が多くなるので、トータルでの燃費は悪化しないと思います。


ここまで乗ったフィーリングだけで「4速が高すぎる」と書いてきましたが、本当にそうなのでしょうか? 14M Wave125iと 09M Wave110iの変速比・減速比を比較してみます。 実際には後輪タイヤ外径も関係しますが、これは同じとみなします。
まずは125iから。

14M Wave125i
 メインカウンター変速比ステップ比最終減速比
1速14T35T2.500 21.536
2速20T31T1.55062%13.352
3速20T23T1.15074% 9.906
4速26T24T0.92380% 7.952
一次20T67T3.350
二次14T36T2.571

続いて110i。

09M Wave110i
 メインカウンター変速比ステップ比最終減速比
1速13T34T2.615 22.530
2速18T28T1.55659%13.400
3速22T25T1.13673% 9.789
4速24T22T0.91781% 7.896
一次17T69T4.059
二次14T35T2.500

意外にも4速の最終減速比は110iの方が高いですね。 各段のステップ比も似たようなものです。 ということは変速比よりもエンジン特性(制御)の問題なのかもしれません。 でもFI-CONでいじるなんてやりたくない(GROM用が使えるとも思えない)ですしね。

ちなみにウチの110iはボアアップ(125cc)時代にドリブンを34Tに変えてます。 排気量を110ccに戻してもそのままです。 つまり上記よりもさらにハイギヤになっている訳ですが、それでも問題なく走ってます。


ところで SP武川からGROM用に「4速クロスミッションギヤ」というのが出ているようです(品番02-04-0292 税抜19,800円)。 1速はそのままで2速~4速をクロスさせているようです。

 メインカウンター変速比ステップ比
1速14T35T2.500 
2速19T31T1.63165%
3速22T27T1.22775%
4速24T26T1.08388%

シャフトが入ってないので価格はリーズナブルですね。 工賃の方が高いでしょうが。