シグマ「MC-11」ファームウェア1.07に更新

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

シグマ「MC-11」非対応レンズの一部動作不具合を修正 - デジカメ Watch

株式会社シグマは7月20日、「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 SA-E / EF-E」の最新ファームウェアを公開。非対応レンズの一部で発生しているAF動作の不具合を修正した。(中略)
 
同社では、非対応レンズの作動保証はしていないものの、制約がある中でもユーザーの手持ちレンズで撮影を楽しめるよう、MC-11における作動安定化の検討を今後も続けるという。

今週末は茨城へキャンプに行く予定でしたが、朝の天気が不安定だったのと犬の体調がイマイチだったので、自宅待機としました。

先日、嫁と犬を連れて箱根に行ったのですが、大涌谷の黒たまごの前で写真を撮ってくれるというので、手持ちのカメラ(α6000+MC-11+18-200mm)を渡したら「AFが合わない!!」とおじさんが悪戦苦闘してましたw

DSC04270.jpg

よりによってレンズが 18-200mmだったからね。 17-70mm だったらまだマシだったと思うけど。

DSC04271.jpg

でもこれだけ寄れる(まだフルにズームしてない)のはやっぱり便利。
大涌谷の遊歩道はまだ立入禁止で、かつて黒たまごを販売していた売店のところへは行けません。

プロダクト | 最新情報 | SIGMA GLOBAL VISION

今回のファームウェアのアップデートにより、非対応レンズの一部において発生しているAF動作の不具合を修正しています。尚、今回のファームウェアのアップデートは、非対応レンズの作動を保証するものではございません。

さっき1.07に更新してみましたが、18-200mmに関しては変化はないようです。