はじめてのおつかい(シンガポール編) その2

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

まずはオーチャードロードへ。 シンガポールの新宿みたいなとこですね。 でも、ふと見えるビルの形がアジアを感じさせます。

DSC02209.jpg

とりあえずマックでもなんでもいいから食おう。 あ、そういえば本屋ないかな?と入った伊勢丹スコッツの案内板に「とんかつ とん吉」の文字を見た瞬間、無性にとんかつが食べたくなりました。 ロース&ヒレミックス定食(とん汁にアップグレード)を食しました。 いやー、とんかつもうまいけど、普通に千切りきゃべつが食べられる幸せよ! 満足しました。

そういや街に停まっているバイクに、CB400SFが多かったです。 新しいハーフカウル付のもあったし。 400なんて輸出してるんだね。 あと、新しいストリームやエディックス、エアウェイブなど、マレーシアではほとんど見ないクルマも走っていました。

DSC02211.jpg

このあと、スタバを見つけたのでWiFiで接続を試みるも、どうやらシンガポールではサービスしてないみたい。 残念。 他に、ハードロックカフェやアイリッシュパブを発見。 でもまだ日は高いし、行かなきゃいけないところがあります。

DSC02218.jpg

MRT(シンガポールの地下鉄)でシティーホール駅へ。 やってきました、ラッフルズ・ホテル。

DSC02221.jpg

果たして、ロングバーはどこにあるのかな? と思ったらすぐ見つかりました。

DSC02222.jpg

階段を上って、いよいよ突入です。 ちなみに写真に映っている外人カップルに、写真を撮ってくれと頼まれました。

DSC02223.jpg

まずは入口付近のカウンターの端にちょこんと座って様子見。 いきなりシンガポール・スリングというのもなんだし、喉も渇いていたので「とりあえずビール」。

DSC02227.jpg

店内ではフラッシュがばんばん焚かれています。 こういうところに来ると、白人もミーハーになっちゃうのね。 ちなみに日本人を含めて、アジア系の客はほとんどいませんでした。

DSC02229.jpg

慣れてきたところで席を移動。 2杯目はギムレット。 生ライムじゃなくて、ライムジュースを使ってるので甘いです。 それはしょうがないとしても、シェイクしてないしこれじゃジン・ライムだよ! ちょっとガッカリです。

これが例の落花生。 食べ放題です。 東南アジアの落花生は小さいんですよね。 節分の大豆くらいの大きさです。

DSC02226.jpg

ここでは落花生の殻は、床に投げ捨てるのが作法です。 床はこんな状態。

DSC02232.jpg

頼もうか迷ったのですが、ここまで来て飲まずに帰るわけにもいきません。 3杯目にして、シンガポール・スリングを飲みました。

DSC02233.jpg

迷った理由は、絶対マズそうだったからです。 そして、その予想通りでした(泣)。

だって、作り置きしてるんですよ! それに作り方もおざなり。 ミキサーで軽くガーっとやって注いでおしまい。 「誕生時から変わらぬオリジナルレシピ」が泣くよ。 たくさん出る(客のほぼ全員が頼む)から仕方ないんだろうけど。 まさしく「観光地に旨い物なし」ですな。

DSC02234.jpg

その後、しばしホテル内を散策。 ショップは見るべきものはないです。 パラゴンなど巨大モールに行った方がマシ。
総じて、道後温泉本館に行った時の印象に近いものがあります。 「行ったことに意義がある」という感じですね。