シャープ、自分の周りを暖める「スポット暖房」付きプラズマクラスター乾燥機 - 家電Watch

シャープは、自分の周囲だけを暖めるスポット暖房機能付きの布団乾燥機「プラズマクラスター乾燥機 DI-BD1S」を、10月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は25,000円前後。
 
布団のほか、衣類やブーツなどの乾燥に使用できる乾燥機。温風とともに、シャープ独自の除菌・脱臭技術「高濃度プラズマクラスターイオン」を放出することで、ダニの糞や死骸といった浮遊アレル物質の作用を抑えたり、汗やニオイ、加齢臭などの付着した臭いを脱臭しながら乾燥するという。(中略)
 
新機能としては、必要なときに自分の周囲だけを暖める「スポット暖房」を搭載。ふとんや衣類の乾燥運転時よりも温風の温度位が高いため、個人用の暖房機としての使用や、キッチンや脱衣所、トイレなど暖房機がない狭いスペースでも使えるという。(中略)
 
別売りのオプション品として、シーツと敷き布団の中に入れ、敷き布団の脱臭・乾燥ができる「ふとん乾燥敷きマット」も発売する。マットはセットしたままでも使い続けられるため、片付けの手間が省ける。シャープでは単身者や共働き、高齢者に向いているとしている。希望小売価格は4,200円。

我が家の冬に欠かせないもの。 それは布団乾燥機です。

我が家で使っているのは、6千円くらいで買った日立の布団乾燥機。 自分が独身時代に買ったものです。 当時はパイプベッドに布団を敷いて寝ていました。

公団のアパート(7F)で日当たりは良かったのですが、週末くらいしか干せないので、せめて布団乾燥機の「ダニパンチ」機能で駆除しようと考えたのです。
でも戸建てに引っ越して、ちゃんとしたベッドで寝るようになったことから、押入れの奥で眠っていました。


ある冬に嫁が「ベッドが冷たい」というので、布団乾燥機を引っ張りだして温めてやると大変喜びました。 それ以来、冬の間は寝る前に30分程度かけるのが日課となっています。

でももう15年くらい前の製品なので、そろそろ新しいのに買い換えようかなと思っていました。

SHARP プラズマクラスター乾燥機 DI-AD1S-W
シャープ (2011-11-22)
売り上げランキング: 74

今回発売される奴の前のモデルですが、実売1万円を切ってますから手を出しやすい価格ではないかと思います。
布団乾燥機に、2万5千円は出せないもんね。