インターホンのリプレースを検討中

価格.com - パナソニック どこでもドアホン VL-SWD501KL 特長

モニター親機のディスプレイに5型ワイドのタッチパネル液晶を採用し、使いやすさを向上させたのが特徴。来客画像を確認する際に、詳しく見たいところにタッチすることで、そこを中心に約2倍のズーム画面に切り替えたり、ズーム位置を移動させたりすることができる。また、室内通話や各種機能設定などを行う際は、操作に応じて必要なボタンが液晶に見やすく表示される親切設計となっており、直感的な操作が可能だ。タッチパネルを拭く場合には、タッチ操作を90秒間無効にする「お手入れ」機能を利用できる。
 
さらに、モニター親機は来訪者を動画でSDメモリーカードに保存することが可能(1件約30秒、最大3000件)。SDメモリーカードに録画した来客画像はパソコンで保存・再生することもできる。内蔵メモリーも搭載しており、50件の来訪者(8枚連続コマ送り)の録画に対応する。また、モニター親機には、別売りの屋外ワイヤレスカメラを最大4台まで接続することが可能。屋外の様子を確認するモニター機能は、2か所同時に見ることができる「2画面表示」に対応している。

以前にも書きましたが、我が家のインターホンは白黒ブラウン管式です。
意外によく映るのですが、最近のものは録画機能が付いていたり、防犯カメラを接続したりすることも出来るようです。

ただ、いま使っているインターホン(ナショナル製)から置き換えることができるのでしょうか?

レビュー自宅のインターホンを“どこでもドアホン”に換えてみた - ITmedia LifeStyle

なぜ、ドアホンのレビューなのか。そう不思議に思う方もいるだろう。実際、担当編集にも「ちょっと製品が特殊すぎないか」「製品が借りられても、取り付け工事(そして、返却時の取り外し)はどうするのか?」と。……至極もっともな反応である。しかし、実は条件さえ合えば、ドアホンの交換はさほど難しい作業ではない。むしろ、ごく簡単といえるレベルなのである。

こちらの記事を見る限りは、素人でも交換出来そうですね。