Vita TVをnasneリモコンにする「torne PS Vita TV」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

Vita TVがnasneビューワ/リモコンに。「torne PS Vita TV」 - AV Watch

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、テレビに接続してゲームやビデオを楽しめる「PlayStation Vita TV」で、ネットワークレコーダ「nasne」の操作や番組視聴を行なうテレビアプリケーション「torne PlayStation Vita TV」(torne PS Vita TV)を11月14日より配信開始する。PlayStation Storeで配信し、価格は800円。
 
なお、11月14日から2014年1月15日までの期間限定で、torne PS Vita TVを無料で配信するキャンペーンを実施する。PS Vita TVは11月14日より発売開始され、価格は9,954円。PS Vita TVの操作には別売のコントローラ「DUALSHOCK 3」が必要なため、PS Vita TVとDUALSHOCK 3、HDMIケーブル、8GBメモリーカードをセットにしたバリューパック(VT-1000 AA01)も発売される。価格は14,994円。

不満がなくはないけど「CHAN-TORU」でも予約は出来るしなぁ。

PS Vita TVを体験! 薄型TVでVitaゲームやnasne再生を - AV Watch

 「レスポンスの良さ」という、PS3やVitaにおけるtorneアプリの特徴はtorne Vita TVでも完全に継承されている。DUALSHOCK 3の操作にすぐに追従し、メインメニューの回転や、番組表のズーム/縮小、ジャンルやスポーツ種類などでの検索/ソートなどは圧倒的に高速。テレビや録画番組操作なのに、ある種のゲームプレイ感覚が味わえるというtorneならではの体験がきっちりと実現されている。nasneからネットワーク経由で映像を引き出しているとは思えないほどの高速なレスポンスだ。

PS3を持ってないので、どれくらいレスポンスが良いのかわからないのですが、確かに魅力的ではありますね。

他になにかメリットはないのでしょうか?

基本機能はPS3やVita版のtorneとほぼ同じで、テレビのライブ視聴や録画番組視聴、番組表からnasneへの録画予約、番組検索、人気番組(CHART)の確認などが行なえる。録画番組再生では、ビジュアルシーンサーチや最高120倍速の早送り/戻しなどが、Vita TVのコントローラであるDUALSHOCK 3から操作できる。簡単にいうと、nasneのほとんどの機能を、Vita TVからコントロールして視聴するためのアプリがtorne PS Vita TVだ。(中略)
 
一方、Vita TVはテレビに出力するため、メニューやUI画面はVita版より高解像度化され、UIは1,280×720ドット/720pに最適化されている(Vita版は960×544ドット)。nasneの録画番組はデジタル放送なので1080iだが、torne for PS Vita TVの出力解像度は720p固定となっている。
 
PS Vita TV自体は720pのほか1080iまで表示できるが、1080p出力には非対応。SCEでは、Vita TVでの出力解像度の基本を720pと想定しているという。これは、PS Vita/PS Vita TV用向けに展開されるゲームアーカイブス(PS1ゲームなど)の多くが1080i非対応のため、720pで出力するのが最適と判断したため。本体設定としては、[自動]という項目が用意されており、自動での利用が推奨されている。

基本流用だから仕方ないんですが、今どき720pなの?
これもBRAVIA使ってる人からすると、TVのリモコンでnasneから直接再生するので、メリットはないですね。

結局、ゲームをしないBRAVIAユーザーには、Vita TVは不要なのかもしれません。