この記事が掲載されている頃には既に仙台くらいまで行ってるハズですが、題名のとおり函館まで行ってきます。

8/10(木)の午前中に、津軽海峡フェリーの予約状況をチェックしたら、8/18(金)の 8便(ブルーマーメイド 函館07:40発、青森10:50着)のバイクの空きが「2」になっていました。 キャンセルが出たようです。

実現可能性はかなり低い」とか「北海道にはソソられない」とか書いておきながら、その後もマメにフェリーの予約状況をチェックをしていたという... 北海道に行く気マンマンじゃん!www

別にポジショントークをしていた訳ではなく、気がついたらそういう流れに乗ってしまっていた、というのが本当のところです。
昨年9月に「北へ向かって1日でどれだけ走れるか」を書いたときも、まさか翌年にそれを実行に移すとは思ってもいなかったですから。 予言の自己成就みたいなもんかな?


とはいえ空きが出たのは8/19ではなく8/18。 これでは北海道に1泊しただけで帰ることになります。
出発を1日早めることも考えましたが、家族と過ごす時間も大切です。

2時間くらい悩んだのですが、思い切って予約することにしました。 往路の8/17(木)7便(ブルードルフィン 青森07:40発、函館10:50着)も一緒に取りました。 北海道での滞在時間はわずか20時間50分です。 運賃は往復で10,360円。 コスパ悪いですね。

ちなみに自分が予約したあと、それほど時間を置かずにもう1席も売れ、8/18の 8便のバイクは再び満席になりました。


函館に行くことにしたもう一つの理由は、南に行くほど天気がよくないからです。

weekly_weather_20140810-1.jpgweekly_weather_20140810-2.jpg

仙台より南は天気が悪いですね。 だったらできるだけ北へ行こうという判断です。

ルートについては、当初案(プランA)のマイナーチェンジ版です。

hakodate_route01.jpg

8/15(火) 夜出発(21時)
8/16(水) もりしげ、道の駅おいらせ経由 酸ヶ湯キャンプ場(青森県)泊
8/17(木) 7便 青森07:40発-函館11:50着 恵山岬灯台経由 函館市恵山海浜公園キャンプ場(北海道)泊
8/18(金) 8便 函館07:40発-青森11:50着 夏泊半島三沢駅バス案内所鮫角灯台陸中黒埼灯台経由 休暇村陸中宮古キャンプ場(岩手県)泊
8/19(土) 魹ヶ埼灯台、気仙沼、南三陸経由 おらだの川公園キャンプ場(山形県)泊
8/20(日) 帰宅

初日(約700km)がちょっと大変ですが、二日目以降は比較的余裕のある行程になっています。
家から盛岡まで(534km)が12時間、盛岡から酸ヶ湯まで(170km)が4時間というところです。 盛岡のもりしげは11時開店なので、それまでに着ければいいです。
給油ポイントや休憩ポイント(コンビニ、マクドナルド)もチェック済みです。

hakodate_route02.jpg

本当は松前の方にも行きたかったのですが、せっかく北海道に行くのにただ海岸線を走り回るだけでは悲しすぎます。 上陸後の走行距離(145km)は抑えて、函館と恵山を中心に回ることにします。


恵山にある水無海浜温泉は、2012年に友人Hが「行きたかったが波が高かった」と言ってた場所です。

函館市の「水無海浜温泉入浴可能時間のお知らせ」によると、8/17は朝4時~10時、8/18も朝4時~11時となっています。 8/17は函館着が11:50なのでムリですね。

8/18は遅くとも06:30にはフェリーターミナルに着かなくてはならないので、温泉に入れるかは微妙なところです。


忘れてましたが摩周丸を見たいというのも函館行きの動機の一つです。 羊蹄丸八甲田丸は見たからね。
あとはベタだけど、ラッキーピエロと回転寿司かな、函館では。