タイからの部品輸入でトラブル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

過去に2回(16年4月17年6月)ほどタイのMegaparts.comからWave110i/125iのホンダ純正部品を個人輸入している。

実は昨年の7月にも3回目のオーダーをしていた。
ところが正常に受付られていたにもかかわらず、他人のオーダーと取り違えられたのか1ヶ月以上もペンディング状態にされてしまい、結局キャンセルしたのだった(すぐに必要な部品ではなかったので)。
支払いはPayPalだったので、返金処理はスムーズだった。

それ以来Megaparts.comは使ってなかったのだが、消耗品のストックも減ってきたので1年ぶりにオーダーすることになった。
今回はオーダーから出荷まで10日間ほどと比較的スムーズだった。 過去2回は大きなダンボール箱に入れて送ってきたが、今回は3個口に分けて送ったようだ。

そしてオーダーからちょうど2週間後の今週月曜日に2箱が届いたものの、残りの1つが届かない...

ems_trouble01.bmp

追跡サービスで確認すると、国際交換局(川崎東郵便局)の通関で止まっているようだ。

ems_trouble02.bmp

「税関から名宛人に照会中」って何だろう? 自宅に電話は掛かってきてないけど...

国際郵便に関するお問い合わせ』を見て「0570-046-666」に電話したら、「川崎東郵便局(0570-000-379)に電話しろ」という。

川崎東郵便局に電話すると、「税関で止まってるので、川崎外郵出張所(044-270-5780)に聞け」という。 12桁の課税番号みたいなのも教えられた。
追跡サービスに川崎外郵出張所の電話番号を表示してくれれば済む話なのにね。

んで川崎外郵出張所に電話して「自分宛てのEMSが通関で止まっている」と伝えると、EMSのお問い合わせ番号から状態を調べてくれた(課税番号は何だったんだ?)。

通関で止まった原因は、「インボイスにはバイク部品が合計26個となっているが、箱の中には2個しかないので不一致だから」ということで「月曜日に荷受人に対して問い合わせの葉書(!)を送りました」ということだった。

月曜日に届いた荷物の片方に伝票が付いていたが、もう片方には宛名が書かれた紙が貼ってあるだけだった。
日本だと伝票番号が別々なら、それぞれに伝票が貼ってあるものだが、こういうアバウトなところがタイらしい。
「実は3個口で残りの2個は既に届いています」ということで、インボイスと中身の一致の件は解決。

次に「これらの部品は事業用ですか?」と訊かれたので「自分が乗っているタイ製バイクの修理用です」と答えた。
少額輸入貨物の簡易税率」には書いてないが、

海外通販&個人輸入の関税は? | 自転車パーツの海外通販情報局

現在、日本の関税は「現物主義」となっており、税関で検査官が現物を確認して税率を決めています。いちおうこちらのページとかで税率の一覧が公開されているのですが、自分が購入した商品がどれに当たるのか素人にはさっぱり分かりません(汗)
 
そこでザックリとしたイメージを紹介しておきます。なお、これが正解というわけではありませんのであくまで参考ということで・・・
 
自転車本体・パーツ類
→基本的に無税

らしいので、バイク部品についても同様かと。
一度にあまりにも大量の部品を買ってしまうと業者に間違えられて課税されてしまいそうだね。 気をつけよう。