PayPalは円建てより現地通貨で支払う方が安い!?

PayPalの高い日本円の為替手数料(レート)を安く節約する方法

PayPalは、日本円で支払う場合の為替手数料が高めです。
PayPalの公式サイトによると、海外の通貨から日本円に換算する際の為替手数料は4%となっています。
実際に確認してみたところ、当日の為替レートに比べて3.6%ほど上乗せされていることが分かりました。PayPalの日本円の為替手数料は、実際は4%まではかかっていないもののやはりそれに近い数値となっています。

別の記事ですが、最近になってこれを知りました。 要するにPayPalの手数料(為替レート含む)よりも、カード会社の手数料+為替レートで支払った方が安いということです。
megaparts.comLife is goodから年に数回個人輸入をしていますが、支払いにPayPal経由のクレジットカード払いを使っているので、実際にやってみました。

といっても、PayPalの円建て価格をメモっておくのを忘れたので、PayPalがどれくらい割高かは分からないのであしからず。

購入したのはmegaparts.comなので現地通貨はタイバーツ。 本日時点の為替レートは3.46円/バーツ。
10年前は2.7円/バーツだったので、ずいぶんと円安バーツ高になったものだ。 これも日本の国力低下を表しているね。

megaparts.comでの支払いは 5,053.5バーツでした。 これをPayPalの支払いオプション変更して、ジャパンネット銀行のVISAデビットカードで現地通貨建てで支払うと 18,019円となりました。 単純計算すると3.57円/バーツで、為替レートよりも3%高いことになります。

PayPalだと手数料が3.6%ということなので、それよりは少し安いですね。 マスターカードも持っているので、次回はそちらで支払ってみたいと思います。