メスティンのシーズニング

20190113_094958.jpg

発注してから年をまたいで約40日。 はるばるスウェーデンからやってきました。

20190113_095125.jpg

蓋を開けようとして密閉性の高さに驚きました。 プレス成形でこの精度はなかなかですね。
取っ手は紙に包まれて中に入っています。

20190113_095235.jpg

バリはありませんが、確かにちょっとエッジが立ってますね。 手持ちの耐水ペーパー(#240)で本体と蓋の両方ともフチをなめらかにします。 耐水ペーパーは100円ショップで売ってるもので十分です。

20190113_101755.jpg

続いて中性洗剤でよく洗います。

20190113_101800.jpg

メスティンはアルミの表面処理(アルマイト加工)がされていません。
使用する前にコメの研ぎ汁でシーズニングすべしということなので、午前中からご飯を炊きます。
2合のお米の研ぎ汁を鍋に貯めます。

20190113_104419.jpg

この中にメスティンの本体と蓋を入れて、中火でぐつぐつと煮込みます。

20190113_105454.jpg

ひっくり返して側面やフチの部分もまんべんなく。 20分くらいやりました。

20190113_095243.jpg

ぬるま湯で洗って、取っ手をつけて完成です。
キャンプで使う前に、一度家で試してみないとね。 無洗米を買ってこなければ。