バイク用スノータイヤというのがあるらしい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

スーパーカブやジャイロにも! 雪道に強いバイクとスノーアイテムの○と× 【スノータイヤ&タイヤチェーン】 | clicccar.com(クリッカー)

クルマのスタッドレスタイヤのように、通常の舗装路から雪道まで対応するタイヤ。チェーンを巻かずに雪道を走行可能です。ジャラジャラとうるさくもなく、乗り心地もいいのは嬉しい点。空回りするばかりのノーマルタイヤから比べると驚くほどグリップしますが、雪道であることは忘れてはいけません。ドライ路面+ノーマルタイヤのように車体をバンクさせると足元をすくわれることもあるので過信は禁物です。またドライ路面でも快適に走ることはできますが、性能は通常のロードタイヤに比べてどうしても劣ります。こちらも車体をバンクさせ過ぎないように気を付けましょう。クルマのスタッドレスのように、シーズン終了後も「履きっぱなし」なんてことはないように!

カブ用にタイヤチェーンやスパイクタイヤがあるのは知っていましたが、スノータイヤというのもあるんですね。

職場までは通年でバイク通勤ですが、たまに雪が降ったりすると有休を取ったり、バイクを会社に置いて電車で帰ることもあります。
路面に雪が積もるくらい降れば諦めもつくのですが、うっすらとみぞれ状になってるくらいならバイクで行ったりもします。
凍結が一番心配ですが、幸いにしてまだそういう状況には出くわしてはいません。

2年後に事業所が変わることが決まっていて、通勤時間が倍(55分)になり峠をいくつか超える山道になります。
鉄道で行くことも不可能ではないのですが、JR八高線はよく不通になるのであまりアテにはできません。

そう考えると、このようなスノータイヤの用意をしておいた方がいいのかもしれませんね。
「スタッドレスタイヤ」ではなく、あくまで「スノータイヤ」です。 雪をよく噛むトレッドデザインになっていますが、アイスバーンでも吸い付くほどのサイプが切ってある訳ではないので過信はできませんが、前述のような状況なら走れそうです。
YouTubeで「カブ スノータイヤ」で検索するといろいろと出てきますね。

評判がいいのはIRCのSN12。 冬季限定販売らしいので、買うなら今しかないですね。

四輪用のスタッドレスタイヤ(BLIZZAK VRX)で高評価のブリジストンもWB01というスノータイヤを発売しています。
トレッドデザインを見る限りでは、なかなか期待できそうな感じがしますが、肩が張っててプロファイルが平らなので舗装路では乗りにくそうな気がします。

「モチロンギュ」のダンロップからは2種類出ています。 S106は細かいサイプが入ってない「雪道用ブロックタイヤ」みたいな感じですね。

D502の方はもう少し細いサイプが刻んでありますが、やっぱり圧雪路向きのような気がします。
ダンロップなら「タイヤ広場トーマス」で扱いがあるので安いんですけどね。

さて、どのスノータイヤもWT(チューブタイプ)となっています。
Wave110iも125iも元々はWTなのでそれはよいのですが、キャストホイールはTL(チューブレス)化しているので、WTタイヤは履けません。

でも110iのスポークホイールがまだ手元にあるので、これに履かせればOKです。
雪が降ってからホイール交換するのも(30分で終わりますが)面倒なので、冬の間は110iの方にスノータイヤのホイールを履かせておいて、雪の心配があるときだけ110iで通勤するようにすればいいですね。

さらにタイヤチェーンも携行すればなお安心かもしれませんが、コレが必要になる状況でバイクに乗って帰ってくる自信がありません。