シームテープの貼り替え(2回め)

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

寒中キャンプの写真でわかるように、テントのシームテープが剥がれてきた。
4年前に自分で貼り替えたのだけれど、実はその年の秋には一部浮いてきてしまっていた。

20200307_124429.jpg

フライの方も同様で、雨足が強くなると尾根の部分から雨漏れしてテント内に落ちてくるようになった。 素人が貼って、80泊した4年後にこれくらい貼り付いているなら、まだいい方かもしれないが。

1泊キャンプでは雨が降りそうなときは回避しているが、ロングツーリングでは雨を避けようがないこともある。 どうせ貼り替えるなら、こちらもやりたいね。

20200307_100923_HDR.jpg

と思いつつも面倒で、前回のキャンプ後にテントを干したあと、3週間も放置していた。
今週末も 2/28に公開された Netflixの『Formula 1: Drive to Survive』のシーズン2を観ていた。 7.1chサラウンドで観ると迫力あって楽しい。

でもキッチンへ行った隙に、吉郎に場所を取られてしまったので、シームテープ貼り替え作業をすることにした。

20200307_124228.jpg

まずは古いシームテープを剥がす。 前回シームコートは使わなかったので、清掃の手間はほとんどない。

20200307_124658.jpg

使用するのはCAPTAIN STAGのシームレステープとアイロン。 あて布はハンカチなど薄手の方がいい。 敷き布は前回はバスタオルを使ったのだが、圧力を吸収されてしまうような感じがして、今回は布巾にしてみた。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 登山 防水 シームレステープM-8380
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-03-09)
売り上げランキング: 2,298

シームテープは裏表がある(接着面が内巻き)ので気をつけて。

20200307_143053.jpg

敷き布が布巾だと縫い目の盛り上がりを吸収できないので、普通にアイロン掛けすると縫い目のところだけ接着されて両脇がくっつかない。
アイロンの先端やエッジを使って、テープの両脇を丁寧に押さえつける。

20200307_153001_HDR.jpg

1時間くらいで終わって休んでいると、午後の散歩に行こうと要求された。


ところで、テントの寿命って何が決定的要因なのだろう?

生地が裂けるとかは確かに決定的だよね。 裂け目が大きくなければ、縫って使い続けることもできそうだけど。
漏水なんかは我慢すればいいだけだけど、加水分解でベタつきが出始めると、さすがに使い続けるのは難しそう。 ウチのテントは本体、フライともにまだその点は大丈夫だ。

でもあと5年くらいは大丈夫と思うけど、10年後になると自信がない(それは自分自身の気力体力についても同じだが)。
それもあって、先日新品テント本体を購入したのだけど、新品フライは前室一体型のカモフライしか持っていないというのが引っ掛かっている。
あれを使うためにはフレームを切り詰める必要があるし、迷彩柄もあまり好きではないのだ。

自分のムーンライト3は前室なし版だが、オプショナルフライ(前室)は2つ持っている。
だが前後に取り付けたのは嫁とキャンプに行った3回のみ。 ソロだと片側あれば十分なのだ。
真夏で雨の心配がないときは、前室を付けないときもある。 その方が通気性がよくて寝苦しくないからなのだが、そんな風にユーザーの使い勝手に自由度があるのが好きだ。

だが前室なしのフライは、すでにモンベルのオプションパーツからカタログ落ちしており、新品は入手できない。
我慢して今のフライを使い続けるか、フレームをカットして前室ありのカモフライを使うしかないのか。

i-img898x1198-1582958971lznaz758859.jpg

と思っていたら、ヤフオクに前室なしフライが出品されていた。

i-img898x1198-1582958971emm9rz58859.jpg

「未使用に近い」「1回使いました」ということだが、確かにウチの20年選手に比べると綺麗に見える。

i-img898x1198-1582958971zdeyb258859.jpg

くまさんマークも真っ白。

i-img898x1198-15829589712s14vu58859.jpg

ペグを固定するロープ部分を見ても、使い古した感じはない。 望む限り極上のコンディションというべきだろう。

hirohiro700-img898x1198-1582959144pq8ann32592.jpg

同じ出品者からは、フレームのみの出品もあった。

hirohiro700-img900x1200-1582959144d9g6ge32592.jpg

こちらも「未使用に近い」「1回使いました」とあるが、前室ありタイプの短いフレームなので、前室なしフライとは適合しないはず。 予備品で持っていたものを放出したということかな?


こんな千載一遇のチャンスを逃すことはできない。 特にフライについては確実に入手したい。

20200309_202333.jpg

前室ありフライ(#1122252 税抜¥7,800)の新品は、まだモンベルのオンラインショップで入手可能ということもあり、わざわざこの価格で落札しようという人は少なかったのかもしれない。 ほぼ競合もなく落札できた。

届いてびっくり! 艶といい色といい、本当に「未使用に近い」極上のコンディションだった。 2020年になって、こんな美品を入手できるなんて奇跡に近い。

20200309_202346.jpg

フレームもまだ新品が売ってる(#7033261 税抜¥9,524)し、カモフライを使う気がないのなら不要なのだが、同梱で送料が節約できて安く買えるなら、と思って応札したら落とせてしまった。 ちょっと欲張りすぎたかな?
こちらも新品と言われても信じるレベル。

20200310_183155.jpg

ML-3 ポールバッグ(#1122264)は付属していなかったので、モンベルのオンラインショップで購入した。
どうせ送料かかるのだからついでにML-3 メインスタッフバッグ(#1122258)も追加購入。 これはいま使っているバッグがくたびれているので予備に。

これでストックしているスペアだけで、ほぼ新品の前室ありカモフライ仕様のムーンライト3をもう一台作ることができる。
いま使用中のテントも、前室なしフライの美品スペアが入手できたので、本体とフレームが使える限りはまだまだイケそうだ。

元気にキャンプに行けるのがあと何年かは知らないが、最後までこのテントを使うことはできそうだ。