第二次北海道ツーリングを妄想する

今日で正月休みも終わりだ。
年が明けてからは、元日に嫁の実家へ行った以外は在宅で過ごした。
寒いというのもあるが、日高市みたいな田舎でもクリスマスからの10日間で15人もの新型コロナ陽性者が出ている。
不要不急の外出はなるべく避けた方が無難だろう。

今年は北海道へ行く予定はないのだが、ヒマなので次の機会があるとしたら、という前提で考えてみる。

まず北海道への往復の道程について。
前回は往路が仙台~苫小牧のフェリー、復路が大間からの自走だった。
太平洋側では他に大洗~苫小牧航路もあるが、これについては既に検討済みなので割愛する。

北海道へは日本海側からも航路がある。
関東から使いやすいのは新潟~小樽航路だろう。 その運行ダイヤは次のようになっている。

新潟 12:00発 → 小樽 翌04:30着
小樽 17:00発 → 新潟 翌09:15着

自宅から新潟港までは300kmちょっと。 下道で8時間程度は掛かるだろう。
12時発に乗るためには 11:20には着いてなければならないので、逆算すると03:20に出発することになり現実的ではない。
前日昼に出発して六日町で一泊して、翌日に新潟港へ向かうことになるだろう。 条件的には大洗~苫小牧航路と同じだ。
料金的には一番高い期間CでもツーリストC 11,100円+原付(125cc以下)7,600円の合計 18,700円と、大洗(¥23,900)よりもかなりリーズナブルだ。
昼出発の計画なら、新潟ルートは魅力的な選択肢となる。

一方、北海道からの帰りに使うならば、小樽を夕方に出て朝9時に新潟に着けば、18時くらいには帰宅できるので使いやすい。
太平洋航路の多くが苫小牧着であるのに対し、日本海航路は小樽着という特色もある(苫小牧航路もある)。
小樽にはまだ行ったことがないし、積丹半島も走ってみたい。 往路か復路のいずれかに新潟~小樽航路を使うというのは理にかなっている。

まだ具体的にどこに行きたいとか、どこを通りたいというのはあまり浮かんでいない。
とりあえず残りの海岸線を走りたいのと、ウトロから遊覧船に乗って知床岬灯台を見たいというくらい。 あと霧多布岬にも行ってみたいかな。
前回は全く走っていない内陸部も走るつもりだけど、まだノープラン。

時期的には6月後半がいいな。 今年じゃないけどね。