最近のLED電球は耐久性が低い

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

バイク用の話です。

Wave125iのポジションランプをLEDに交換しているのですが、1年保たずに点灯しなくなります。

DSC09758.jpg

左が使用済み、右が未使用です。

DSC09757.jpg

使用済みの方は焦げ茶っぽい色になっています。

DSC09759.jpg

加熱されてハンダのヤニが出てきてしまったみたいな感じですね。
耐熱性が低いハンダが使われているのか? そもそも電圧制御がうまく出来てなくてLED素子に過大な電圧がかかっているのか?

関連するか不明ですが、Wave125iの3速シフトインジケーター(こちらはダイヤカットレンズLED)も、走行中に点滅するようになりました。 そんな機能があったとは...
交換するにはハンドル周りのカバーを外さなければならないので、面倒くさいんだよな。 ツメとかまた折れそうだし。
ヘッドライトのバルブが切れるまでは我慢するか。

LED電球はヤフオクで買っているのですが、数年前にLED化したWave110iではこんなことはありませんでした。
車体の問題なのか、LED電球の質が下がってきているのか。
次は違う業者のLED電球をいくつか買って調査してみたいと思います。