皮むきナイフと予備のナイフ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

昨年末に義母に会ったときに、「指がうまく曲がらなくて包丁を握るのが難しい」とこぼしていました。

20210125_185542.jpg

そこで5年以上前からキャンプでも自宅でも使っているVictorinoxのナイフを買ってあげました。

ちょっとキケンなほど切れ味が良いのですよね。 それでいて価格もお安いのでオススメです。

3本のうち一番下に並んでいるのは、自分用に購入したのシェービングナイフです。

キャンプでも自宅でも、じゃがいもの皮むきをすることがありますが、もう少し剥きやすいナイフはないかなと思って。

20210125_185645.jpg

前回の愛川橋キャンプで実戦投入してみましたが、このカーブした刃がじゃがいもの曲面にフィットして薄く剥けるし、すごく使いやすかったです。
軽くて邪魔にならないし、もっと早くに買えばよかったなあ。


順番的にはその前になりますが、昨年末のかわせみ河原でのキャンプで、調理道具が入っているバッグを自宅に忘れてくるという失態を犯しました。
そのときはモーラナイフで急場を凌いだのですが、やはり刃がぶ厚い(3.2mm)Heavy Dutyでは包丁の代わりにはならないと痛感しました。

20210124_102815.jpg

そこで持ち運びがしやすい折りたたみナイフを買いました。

波刃は皮むきには適していませんが、皮付きの鶏肉なんかも解体できる鋭い切れ味が気に入ってます。

20210124_103131.jpg

自宅で使っているナイフとの比較。 折りたたみですが開くと長いです。

20210124_103244.jpg

実はキャンプ用にフォールディングナイフを買ったのは初めてです。
この「PRESS」と刻印された金属のプレート部を上から押し込めばブレードを折り畳めるのかな?と思ったのですが、ビクとも動きません。

20210124_103250.jpg

どういう機構なんだ?とよく見たら、金属のプレートが少し斜めになっていてブレードの邪魔をしています。

20210124_103307.jpg

金属プレートの「PRESS」と書いてあるところを横から押せば、ブレードとプレートがすれ違うことができて、ブレードを畳むことができました。

このフォールディングナイフは予備なので、調理道具が入ったバッグとは別のところに入れておきます。