防水バッグの変更を検討

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

テント、寝袋を入れるダッフルボストンと、着替えなどを入れるタフザックの組み合わせになって早7年
当時は33Lのタフザックがスカスカでしたが、3年前に60Lのタフザックに変更しました。 33Lのもまだ持っていますが、使い分けが面倒で「大は小を兼ねる」となっています。

DSC07925.jpg

しかしだんだん荷物が増えてきて、60Lでも出発時からこんなにパンパンに...
60Lのタフザックは高さもあるのですが、太くなって乗車スペースを圧迫しないようにダンプラを入れたこともあって、ダッフルボストンの上で後傾してしまってます。

ROKストラップでダッフルボストンとタフザックを連結しているので、山道走行で落下することはほぼなくなりましたが、積み方(下にあるダッフルボストンの影響大)によっては傾くことが多いです。
これまで空気抵抗を考慮して、幅をなるべく出さずに高さ方向に積み上げる考え方でやってきましたが、ダッフルボストンと同じ横長の防水バッグに変えてみようと考えました。

これは40Lですが、サイズは幅58cmXΦ30cm。 ダッフルボストンが幅56cmXΦ28cmなので、このくらいのサイズがちょうどいい感じはしますけどね。

こちらは60Lで幅60cmXΦ36cm。 ちょっと乗車スペースを圧迫しそう...

こちらも60Lですが、幅63cmXΦ33cmと少し幅が広くて細身になっています。 このくらいの太さなら大丈夫かな?

一度はこれをオーダーしたのですが、気が変わってキャンセルして注文し直したのがコレです。

こちらは40Lタイプで幅55cmXΦ31cmです。 やっぱりダッフルボストンよりも幅が広くなるのは、心理的にも空力的にも(?)抵抗がありました。

タフザック60よりも容量が減ることになりますが、ロングツーリングではメットインスペースを持つWave125iで行くでしょうし、問題はないと思います。
どうしても容積が必要なら、さらにタフザック33を載っけて3段積みにすればいい訳だし。

次のキャンプに間に合うかどうかわかりませんが、到着が楽しみですね。